for SPRING 春の味わい 菜花糖 ~なたねとう~

SAIKATOU

味わいTASTE

江戸時代より旧鯖江藩主に代々愛され、
宮内庁へも奉納された鯖江の銘菓 菜花糖

カリカリとした懐かしい食感と優しい甘みの中に香る越前の柚子。
菜の花を思わせる柚子の干菓子「菜花糖」は、煎ったもち米に柚子の風味の砂糖をまぶしたあられ菓子です。
奥ゆかしい味わいが、口内ですっと消えていつまでも余韻が残ります。

冬に採れる柚子で春の御菓子を作ったのは、雪深い北陸の春を待ち焦がれる心情を表しています。それ故、新春の初釜や春のお茶席に振り出しに入れてお使いいただいています。
地元では親しみを込め「なたねとう」と呼ばれています。
福井名産のもち米と柚子を選りすぐって使用し、時間と手間を惜しみなく費やした、心づくしの逸品です。当店謹製の歴史ある菜花糖をご賞味ください。

もっちりつるつるぷるりんとした初めての食感喉越しよくあっさりとした涼菓

POINT01 時間と手間を
惜しみなく費やした
当店謹製の銘菓

菜花糖の原料である、柚子の果皮は壺の中で砂糖にじっくりと漬け込み、3年以上寝かせることで、柚子のえぐみなどが取れ、優しい味わいになります。1年以上寝かせたもち米を籾殻ごと煎った餅米(はぜ)から籾殻を取り除きます。その作業に7~10日、乾燥させていくのに10~14日、完成するまで約1ヶ月かかっております。すべて手作業でしか作ることができない逸品です。

時間と手間を惜しみなく費やした当店謹製の銘菓

POINT02 江戸時代に創製
菜花糖の歴史

菜花糖の創製は江戸時代中期。
旧鯖江藩主の贈答菓に指定され、又、代々藩主の茶会の常用として愛されました。煎った餅米(はぜ)に当時領内の河内地区の各家々で産した柚子の皮を香味の素材として用い、さらに砂糖をまぶし献上したのが本菓であると聞き及んでおります。

江戸時代に創製 菜花糖の歴史

旧鯖江藩主の贈答菓として愛され、宮内庁へも奉納された菜花糖の歴史

昭和8年 昭和天皇が北陸陸軍のご視察に来県される時に、当店の鯖江区長様と鯖江本山 誠照寺管長 二條様の両名に菜花糖を献上したいとのご依頼を受けました。
その当時の店主小石川一雷が二條様からのご依頼を承りました。そして、本山内に謹製所を設け、謹製所の外で行水にて身を清め、白装束に身を包んでから謹製所内に入り菜花糖を作り御奉納いたしました。その後、宮内省からあらためて菜花糖のご注文を頂き御奉納いたしました。
その時、代金は県や町に全額寄付をしたと伺っております。当時の新聞記事も残っています。

お召し上がり方

HOW TO EATお召し上がり方

初盆や春になると、お茶席に振り出しに入れ、お使いいただいております。

  • 白湯に10粒程度浮かべて菜の花を散りばめたような趣と柚の香りがお楽しみいただけます。
  • 紅茶に浮かべてのフレーバーティとして
  • ヨーグルトやバニラアイスにトッピングして

RECOMMEND

大黒屋の春おすすめ商品

商品詳細

原材料
餅米、砂糖、柚子、クチナシ色素
保存方法
常温で保存
賞味期限
製造日より60日
開封後はお早めにお召し上がりください。
LINE

LINEで店頭お渡し注文のご予約承ります

まずは「@435ktknz」の友達追加をお願いします。

御注文の商品名、個数、お名前、受け取り日時をご入力の上、
送信してください。
※LINEでの御注文で配送は承っておりませんのでご了承ください。

LINEで予約 LINEで店頭お渡し注文の
ご予約承ります

御注文の商品名、個数、お名前、受け取り日時をご入力の上、送信してください。
※LINEでの御注文で配送は承っておりませんのでご了承ください。

大黒屋へのアクセス

0778-51-0451

営業:9:00~18:00/定休日:木曜日
定休日:木曜日